Site Loader
ご予約・お問い合わせ
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前 2-19-17 トーカン博多第5ビル 11階1105号室
LINEで送る
Pocket

安心・平穏・喜び・夢・希望・幸せ


占あかり


いつもあなたの全てが
一番大切です。

人生の 価値ある ひと時に、、、

★★初回1000円30分★★

10分無料(通常料金より初回10分500円分無料)
※通常1500円30分(1分50円)

   占い鑑定料金詳しくはこちら       
         
ご予約・お問合せ

 092-710-7815
(10~22時受付)

メール (24時間受付)

お知らせ

占い師たかしのメルマガ配信中!

ココでしか聞けない裏話、日常に役立つあれこれ、メルマガを通じ無料で配信しています。占いの知識、時事、仕事、金運アップ術、男と女、家族、自信と誇りの回復、人生の幸せあれこれ、楽しく、また様々な情報盛りだくさん配信中です。

▼ ご登録はこちら ▼

占い師たかしの日々幸せ見つけるメルマガ
ここに、メールアドレスをご記入の上
登録ボタンをクリックしてください。
Powered by メール配信システム オレンジメール



6月  父の日

 

私の誇るお父さん!ありがとう!

いつまでも元気で長生きしてね。

 

しかし新型コロナ・・恐し

就活、婚活、これから

 

仕事も、結婚も、どうなるの

私の人生?

 

そんな時あかりに行けば

幸せの何かと出会うかも

あなたに6月の幸運提供中!

 

○来所で、+αプレゼント(数量限定)
○初回1000円30分
なんでも電話占い対面占い
※通常料金1500円30分より10分500円無料
○中高生500円など特別割引有り
○電話占い相談は完全通話無料!
~などなど

 

父の日 Father’s Day

 

 

 

父の日の発祥地はアメリカですが、父の日はいつですか?

アメリカも同じ、6月の第3日曜日です。

父の日は、何をする日でしょう?

どんな経緯でできたのでしょう?

調べてみました。

 

父の日は、父親を称え、父親、父親との絆、そして社会における父親の影響力の名誉を祝福する日です。1909年にワシントン州スポケーンのソノラ・ドッドによって最初に提案されました。現在、毎年6月の第3日曜日に米国で祝われています。

 

発祥地 アメリカでの父の日制定までの歴史

 

父の日の贈る花について

1909年、彼女は最初に「父の日」のアイデアを提案しました。そのとき、彼女は父親のウィリアムスマートを称える特別な日を望んでいました。

 

…白または赤のバラは、父の日の公式の花です。ドッド夫人は、亡くなった父親を称えるために白いバラを、生きていた父親を称えるために赤いバラを身に着けることを提案しました。

 

日本では、その風習が日本に伝わり、現在の日本では父の日に黄色のバラを贈るようになりました。黄色いバラに変化した理由には、1981年に設立された日本ファーザーズデイ委員会か開催している父の日黄色いリボンキャンペーンが大きく関わっています。

 

黄色いリボンキャンペーンは、家族の愛情や尊敬を表す黄色を父の日のイメージカラーとして啓蒙しています。これが父の日にバラを贈る風習と同化し、父の日に黄色いバラを贈る今の風習になりました。

 

黄色い花の代表「ヒマワリ」も父の日に人気の花です。

ヒマワリの花言葉は「憧れ」「敬慕」のため、父の日に好ましいと言われています。

 

初期の歴史

父の日の起源は、約 4,000 年前にエルメスという若者が粘土で最初に知られている父の日のカードを彫ったときに、バビロニアで始まりました。彼の特別なメッセージは、父親の健康と長寿を祈っています。

 

東方正教会では、何世紀にもわたって、降誕前の第2日曜日を「先祖の日曜日」と定め、アダムから始まり、神がこう言われた総督アブラハムを中心とした、肉体に基づくキリストの先祖を記念しています。

 

あなたの種によって、地のすべての国が祝福される。

– 創世記12:3, 22:18
この祝日は、12月11日から17日の間に行われることがあります。この祝日には、イエスの母マリアと様々な預言者の祖先が含まれています。

 

カトリック・ヨーロッパにおける父性を祝う習慣のある日は、少なくとも1508年に遡ることが知られています。

 

この日は通常、3月19日に聖ヨセフの祝日として祝われます。聖ヨセフは、カトリックでは父なるNutritor Domini(「主の養育者」)と呼ばれ、南ヨーロッパの伝統では「イエスの推定上の父」と呼ばれています。

 

このお祝いは、スペイン人やポルトガル人によってアメリカ大陸に伝えられました。カトリック教会は、14世紀末から15世紀初頭にかけて、聖ヨセフの日に父性を祝う習慣を積極的に支持していました。

 

コプト正教会では、聖ヨセフの日にも父性を祝う行事が行われていますが、コプト人は7月20日にこれを行います。コプト教徒のお祝いは5世紀にさかのぼるかもしれません。

 

この日を世界的に祝うかどうかは、長い間議論の的となっていました。その後、1908年にグレース・ゴールデン・クレイトンが、アメリカで起きた鉱山事故で命を落とした人々を称えるために、この日を提案しました。

 

しかし、この提案は受け入れられませんでした。しかし1909年、5人の兄弟とともに父親だけで育てられたソノラ・スマート・ドッドが、教会で行われた「母の日」に参加して感化され、世界的に父の日を祝うようスポケーン牧師協会を説得しました。

 

父の日に加えて、少年を含む男性に敬意を表して、11月19日に多くの国で国際男性デーが祝われています。

LINEで送る
Pocket

Post Author: akali

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク