Site Loader
ご予約・お問い合わせ
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前 2-19-17 トーカン博多第5ビル 11階1105号室
LINEで送る
Pocket

安心・平穏・喜び・夢・希望・幸せ

占あかり

いつもあなたの全てが
一番大切です。

人生の 価値ある ひと時に、、、

★★ 占い鑑定 相談料金 ★★

一般 1500円 30分

(30分から10分ごと500円追加)

ご予約・お問合せ

(10~22時受付)

(24時間受付)

お知らせ

占い師たかしのメルマガ配信中!

ココでしか聞けない裏話、日常に役立つあれこれ、メルマガを通じ無料で配信しています。占いの知識、時事、仕事、金運アップ術、男と女、家族、自信と誇りの回復、人生の幸せあれこれ、楽しく、また様々な情報盛りだくさん配信中です。

▼ ご登録はこちら ▼

占い師たかしの日々幸せ見つけるメルマガ
ここに、メールアドレスをご記入の上
登録ボタンをクリックしてください。
Powered by メール配信システム オレンジメール



【Make Earth Great Again】A Message from Japan to the World – by Professor Masayasu Inoue, who Exposes the WHO Plot to Depopulate Earth with Vaccines

【地球を再び偉大に】ワクチンで地球人口を減らすWHOの陰謀を暴く井上正康教授による日本から世界へのメッセージ

A Message from Japan to the World – by Professor Masayasu Inoue, who Exposes the WHO Plot to Depopulate Earth with Vaccines

A stunning message to the world warning of ‘a dangerous, new governmental development’ was delivered from Japan at a World Council for Health conference by Professor Masayasu Inoue, Professor Emeritus of Osaka City University Medical School who specialises in Molecular Pathology and Medicine.

He warned that “There is high risk that Japan made vaccines will be exported under the guise for false trust.

If Japan were to become a vaccine perpetrator, it would leave irreparable harm to future generations. Therefore, the actions of Japanese government MUST BE STOPPED by international collaborations.”



世界保健協議会の会議で、分子病理学と医学を専門とする大阪市立大学医学部の井上正泰教授は、日本から「危険な新しい政府の発展」を警告する驚くべきメッセージを世界に向けて発信しました。

「日本製のワクチンが、誤った信頼を装って輸出されるリスクは高い。

もし日本がワクチンの加害者になれば、将来の世代に取り返しのつかない害を残すことになる。

したがって、日本政府の行動は国際協力によって止められなければならない」と述べた。
During a Press Conference in Geneva on 22 March 2024. Mr. Izumi Kamijo who is a member of the steering committee for the World Council for Health (WCH) Asia and World Council for Health Japan introduced Professor Inoue by first asserting “the nightmare will continue if we don’t do anything against this new governmental development in Japan.
A new type of project. Professor Inoue is going to talk about this dangerous development which would end up in a much bigger catastrophe.”
The message from Professor Inoue can be seen below or read in the transcript below the video.
2024年3月22日、ジュネーブで行われた記者会見にて。
世界保健機関(WCH)アジアと世界保健機関日本事務局の運営委員である上條泉氏は、井上教授を紹介し、「この日本の新しい政府開発に何もしなければ、悪夢は続く。新しいタイプのプロジェクト。井上教授は、もっと大きな大惨事に終わる危険な展開について話すつもりです」
井上教授からのメッセージは、以下またはビデオの下のトランスクリプトで読むことができます。
トランスクリプト付きの記事を読む こちら: https://expose-news.com/2024/04/11/a-message-from-japan-to-the-world-by-professor-masayasu-inoue/
Transcript
Thank you very much for giving me this valuable opportunity to send my message about human rights abuse in the time of COVID-19.

My name is Masayasu Inoue, Professor Emeritus of Osaka City University Medical School. My specialty is Molecular Pathology and Medicine.

The pandemic was used as a false pretext by the WHO to drive vaccinations of all peoples in the world. A plan was set up to shorten the time to develop vaccines, which usually takes longer than ten years to less than one year.
Operation Warp Speed. This operation was used to cover up the misconceptions of the genetic vaccines. Under the pretext of saving time, an extremely dangerous method was selected.
That is, intramuscular injection of viral genes to produce toxic spike proteins directly in human tissues to stimulate immune system.

Because this is a completely new method and misconceived method that has never applied before in human history, it is impossible, therefore, for most of doctors to give proper informed consent.

However, due to irresponsible government and media campaigns to promote vaccines, 80% of the Japanese has been vaccinated.
Unfortunately, seven shots have been done so far. This is the most and worst in the world.

And the result was the induction of the terrible drug induced injury that has never seen in human history.

I believe that the fraudulent use of experimental gene therapy to healthy people, particularly to healthy children, is an extreme violation of human rights.

However, Keizo Takemi, Japanese Minister of Health, Labor and Welfare, has been insisting that there is no serious concern about the injury caused by genetic vaccines.

And without learning from the current situation of injured patients, they plan to construct a new vaccine production system in preparation for the next pandemic.

This is an unbelievable, crazy situation.
The Japanese government is first in the world to approve a new type of vaccine called self replication replicon vaccine, and plans to start to supply it in this fall and winter.

The Ministry of Economy, Trade and Industry is providing a huge amount of subsidies for this project.

And factories to produce new vaccines are being built one after another in Japan. I visited these factories directly.
Furthermore, the Japanese government is currently soliciting large scale clinical trials worth $900 million from pharmaceutical companies that are taking on the challenge of developing vaccines to prepare for the next pandemic by Disease X proposed during the Davos conference this year.

It is speculated that the movement by the Japanese government is part of CEPI Coalition for Epidemic Preparedness Innovation’s 100 days mission, which aims to shorten the time to one third of Operation Warp Speed.

Namely, they are trying to shorten the vaccine business cycle by developing a vaccine in hundreds of days. This is possible only by ignoring the human rights perspective.

Amendments to the WHO, International Health Regulation (IHR), and the so called Pandemic Treaty, which are about to be adopted at the 77th World Health assembly this year, are attempting to give rationality and legal binding force to such unscientific and dangerous crazy plans.
If such things continue, there is high risk that Japan made vaccines will be exported under the guise for false trust. If Japan were to become a vaccine perpetrator, it would leave irreparable harm to future generations. Therefore, the actions of Japanese government MUST BE STOPPED by international collaborations.
Although it has already been three years since I started to give lectures to educate Japanese people about the dangers of vaccines, it is still difficult to penetrate through the sound barriers of mainstream media.

If we tell the truth about vaccines on YouTube, it is deleted within a day. The reality is that we are facing censorship and speech suppression almost every day.
Therefore, I put my hope in the publication of a book with the last version of speech and published a book with a title “Withdraw From WHO” It is difficult to stop this movement because it is now politically hopeless to change the situation of the Japanese government.

The message I would like to cover convey to the world is that when Disease X occurs in the future, you should never trust the Japan made vaccine that was developed in a short period of time in order to protect human rights in cases of control that transcend national boundaries.
I believe that sharing the truth and countries is so important and that this is a step towards unity and solidarity.

Only through the process of information exchange between all countries in the world, we can find hope in the midst of despair. I do hope that my statement will help all of you to protect your healthy life and your family.

Thank you very much for your attention.
– Prof Masayasu Inoue, Professor Emeritus of Osaka City University Medical School.
The full video can be seen here – [VIDEO SOURCE]
Sources:
World Council
トランスクリプト
この度は、COVID-19の時代における人権侵害についてメッセージを発信する貴重な機会をいただき、誠にありがとうございます。大阪市立大学医学部名誉教授の井上正康です。専門は分子病理学と医学です。
パンデミックは、WHOが世界中のすべての人々にワクチン接種を推進するための偽りの口実として利用されました。通常10年以上かかるワクチン開発の時間を1年未満に短縮する計画が立てられました。ワープスピード作戦。この作戦は、遺伝子ワクチンの誤解を隠蔽するために利用されました。時間節約の口実の下、非常に危険な方法が選ばれました。
つまり、ウイルス遺伝子を筋肉内注射して、人体組織に直接毒性スパイクタンパク質を生成し、免疫系を刺激するというものです。これは人類史上かつて適用されたことのないまったく新しい方法であり、誤った方法であるため、ほとんどの医師が適切なインフォームドコンセントを与えることは不可能です。しかし、無責任な政府とメディアのワクチン推進キャンペーンにより、日本人の80%がワクチン接種を受けています。
残念ながら、これまでに行われたのは7回です。これは世界で最も多く、最悪のことです。そしてその結果、人類史上見たことのない恐ろしい薬害が誘発されました。健康な人々、特に健康な子供たちに実験的な遺伝子治療を不正に使用することは、極端な人権侵害だと思います。しかし、日本の武見敬三厚生労働大臣は、遺伝子ワクチンによる障害について深刻な懸念はないと主張し続けています。そして、現在の障害患者の状況から学ぶことなく、次のパンデミックに備えて新しいワクチン製造システムを構築する予定です。これは信じられない、狂った状況です。
日本政府は、自己複製レプリコンワクチンと呼ばれる新しいタイプのワクチンを世界で初めて承認し、この秋から冬にかけて供給を開始する予定です。経済産業省はこのプロジェクトに多額の補助金を出しています。そして、日本では次々と新しいワクチンを製造する工場が建設されている。私はこれらの工場を直接訪問した。
さらに、今年のダボス会議で提案された、次のパンデミックに備えるためのワクチン開発に挑む製薬企業に対し、日本政府は現在、9億ドル規模の大規模臨床試験を募っている。日本政府の動きは、CEPI感染症対策イノベーション連合の100日ミッションの一環と推測されており、ワープスピード作戦の3分の1に短縮することを目指している。つまり、数百日でワクチンを開発することでワクチンビジネスサイクルを短縮しようとしているのだ。これは人権の観点を無視してのみ可能となる。今年の第77回世界保健総会で採択されようとしているWHO、国際保健規則(IHR)、いわゆるパンデミック条約の改正は、このような非科学的で危険な狂気の計画に合理性と法的拘束力を与えようとしている。
このままでは日本製ワクチンが偽りの信頼を装って輸出される危険性が高い。日本がワクチン加害者となれば、後世に取り返しのつかない害を残すことになる。だから国際協力で日本政府の行動を止めなければならない。
ワクチンの危険性を日本人に啓蒙する講演を始めて3年になるが、主流メディアの音壁を突き破るのは未だに難しい。YouTubeでワクチンの真実を語っても1日で削除される。毎日のように検閲や言論弾圧を受けているのが現実だ。
だから私は最後の発言をまとめた本の出版に望みを託し、「WHO脱退」というタイトルの本を出版した。日本政府の状況を変えることは今や政治的に絶望的であり、この運動を止めるのは難しい。私が世界に伝えたいメッセージは、今後、X病が発生したとき、国境を越えた制御の場合に人権を守るために短期間で開発された日本製のワクチンを決して信用してはいけないということです。
真実と国を共有することは非常に重要であり、これが団結と連帯への一歩であると信じています。世界中のすべての国が情報を交換するプロセスを通じてのみ、絶望の真っ只中に希望を見出すことができます。私の声明が、皆さんの健康な生活と家族を守るのに役立つことを願っています。ご清聴ありがとうございました。
– 大阪市立大学医学部名誉教授 井上正康教授。
ビデオの全編は、こちらでご覧いただけます – [ビデオソース]
出典:
世界評議会
KJinAZ
12 weeks ago
I’m not sure there’s 10% of the population that can understand and believe the truth as we know it. Most would only accept limited forms of the truth, but understanding the big picture isn’t easy, and it’s not a perfect science by any means. This is especially true because most of us have all grown up learning lies.
It’s time for truth and healing to occur, and let the chips fall where they may. I’ve heard that the natural limit for human survival here on earth is about 10 billion. We’re at 8 billion now, but that’s going down at a 20%+ faster rate now because of mRNA.
Just like you I am worn out, and I see the need to more shift internal more. Also like you I have that never give up spirit.
Love you brother! 🙏🙏🙏🦋♾️⚔️

8 likes
Reply
KJinAZ
12 週間前
私たちが知っている真実を理解して信じることができる人が人口の 10% いるかどうかはわかりません。ほとんどの人は限られた真実しか受け入れませんが、全体像を理解するのは簡単ではありませんし、決して完璧な科学ではありません。私たちのほとんどが嘘を学んで育ってきたので、これは特に当てはまります。
真実と癒しが起こる時が来ています。結果はどうあれ受け入れましょう。地球上での人間の生存の自然な限界は約 100 億人だと聞きました。現在は 80 億人ですが、mRNA のおかげで 20% 以上速いペースで減少しています。
あなたと同じように私も疲れ果てており、もっと内面を変える必要があると感じています。また、あなたと同じように、決してあきらめない精神を持っています。
兄弟、愛しています! 🙏🙏🙏🦋♾️⚔️
8 likes
8 件のいいね

Reply
‹ Hide 2 replies
RAVries
Admin
12 weeks ago
Thanks brother.. I agree with you, and I am 100% certain that it is WAY less than 10%. The way I see things, it’s not even 10% of 10%. A couple of years back I began to feel that all the things that are now (becoming) so obvious, to a very few, could very well be, and probable were, and are, the Higher Hand in ‘human’ affairs.. In Nature all that does not deserve a place on this Earth, or is too weak, is systematically being removed, in whatever way. Some years back I accepted this notion, even more deeper, than I had ever done before. I am now very okay with it that ‘human’ elements, that are going against all logic, all common sense, all health thinking, are now reaping the results from their own unGodly stupidity and choices. Why not? It is the only logical and Natural way for things to ultimately correct themselves and a healthy world to ultimately be restored.
ありがとう、兄弟。私もあなたの意見に賛成です。10% よりはるかに少ないことは 100% 確信しています。私の見方では、10% の 10% にも満たないのです。数年前から、ごく少数の人にとっては今や非常に明白になっているすべてのことが、おそらく「人間」の問題における上位の力であり、またそうである可能性もあると感じ始めました。自然界では、この地球上に居場所を置かざるを得ない、または弱すぎるものはすべて、どのような方法であれ、体系的に排除されています。数年前、私はこの考えを、これまで以上に深く受け入れました。私は、すべての論理、すべての常識、すべての健康的思考に反する「人間」の要素が、神に背く愚かさと選択の結果に苦しんでいるのを、今ではまったく問題視していません。なぜそうしないのでしょうか? 物事が最終的に正され、健全な世界が最終的に回復される唯一の論理的かつ自然な方法だからです。
5 likes
5件のいいね
Reply
RicardoJulier
12 weeks ago
The ignorant miss what is going on, with their tightly shut eyes and uncomprehending minds.
The evil CELEBRATE this tragedy, because darkness fills their hearts.

返信
RicardoJulier
12 週間前
無知な人は、目を固く閉じ、理解できない心で、何が起こっているのかを見逃しています。

邪悪な人は、暗闇が心を満たしているため、この悲劇を祝福しています。

3 likes
Reply
Francewhoa
11 weeks ago
Anyone know where to find Professor Masayasu Inoue’s book “Withdraw From WHO”?
11 週間前
井上正康教授の著書「WHO からの脱退」がどこにあるか知っている人はいませんか?
2 likes
Reply
‹ Hide 4 replies
MiwakoMurakami
4 weeks ago
The book by Dr Inoue、”Why I Am Calling for Withdrawal from WHO、Risking My Life” is available at Amazon Japan. It is in Japanese and the English version is not available.
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4910818146/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1
MiwakoMurakami
4 週間前
井上博士の著書「なぜ私は命をかけてWHOからの脱退を求めるのか」は、Amazon Japan で入手可能です。日本語版で、英語版はありません。
2 likes
Reply
RAVries
Admin
11 weeks ago
I don’t know.. I’m guessing that that can be a great challenge.. I just tried finding it, but the globalist spiderweb doesn’t show it anywhere.
 
1 like
Reply
RAVries
Admin
11 weeks ago
When you look at the book he shows, the cover is in Japanese, so maybe it has not been translated?? (yet??)
11 週間前
わかりません。それは大変な挑戦になると思います。探してみましたが、グローバリストのクモの巣にはどこにも表示されません。
1 like
Reply
Diamondgirl705
4 weeks ago
I forgot the name of the website, but you can try the way back portal
11 週間前
彼が示した本を見ると、表紙は日本語なので、翻訳されていないのかもしれません?? (まだ??)
1 like
Reply
np144
3 weeks ago
As if it couldn’t get any worse, self-replicating vaccines now! Time to bunker up.
3 週間前
これ以上悪くなることはないとばかりに、今度は自己複製ワクチンです! 避難する時間です。
2 likes
LINEで送る
Pocket

Post Author: akali

カテゴリー